交通事故治療 東小金井|交通事故後・・・痛みは遅れてくるの?【東小金井駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

交通事故に遭遇した場合、後から痛みを生じることが少なくありません。

例えば自動車と自動車が衝突すると、停車中だったとしても自動車の速度によっては深刻なダメージとなります。その場で痛みが無くても、病院での診察・検査が求められます。交通事故の治療費は保険によって支払われる為、窓口で支払う必要はありません。交通事故による負傷で良くみられるのは頚椎捻挫・挫傷で一般的にはムチ打ち症呼ばれています。頚椎捻挫の原因は衝突時に骨・筋肉など深部に衝撃が加えられる、組織が損傷・炎症を起こす為です。運転中に衝突された場合も症状が見られ、命に別状がないもののしばらく痛みが残ります。症状によりますが完治に1ヶ月から数か月程度かかることから、その後の生活に悪影響を及ぼしかねません。しっかりと完治しないまま治療を怠ると、後遺症が残る可能性があるのもムチ打ち症の特徴です。後遺症の一つに、自律神経失調症があります。自律神経には好感し形と副交感神経があります。交通事故の後遺症の一つに、バランスが崩れることがあります。自律神経の乱れにより、様々な症状に悩まされることとなります。

代表的な身体的症状・・・めまい・吐き気

精神的な症状・・・不眠・集中力の低下

痛み・発熱などとは違い、ハッキリとした症状が出ない為、軽視されがちです。平穏な日常生活を送る妨げとなるので、このような症状が出た場合は速やかに病院で診察を受ける必要があります。このほか、頭痛・耳鳴り・イライラ・気分の落ち込み等を感じる場合もあります。その為、事故の後暫くは注意が必要です。強い衝撃を受けた場合、身体の歪みを生じることもあります。身体のだるさ、関節の痛みを感じ片側の手脚だけに違和感ある場合には、交通事故が原因の可能性もあります。日常生活に支障きたす場合、早めに専門医に診察を受けるようにしましょう!!

東小金井駅前整骨院では、交通事故での諸症状に対しての治療を行っております。なるべく早く治療を行うことが、後遺症を残さない為に重要なポイントです。外傷など専門的な知識を持った国家資格保持者が在籍しておりますので、初めての方でも安心して施術を受けていただけます。