交通事故は車だけじゃない?自転車事故も増えています【東小金井駅前整体院】

投稿日: #健康コラム

自転車事故の件数自体は減少傾向にあるものの、それでも交通事故全体の約2割を占めているのが現状です。また、自動車やバイクとの衝突事故自体は減ってきているのですが、歩行者と絡む事故は増加傾向にあります。近年では自転車の性能も良くなっているため、電動アシスト自転車以外にもロードバイクなどといったスポーツ用自転車など、自転車自体のスピードが出やすくなっています。自転車も急ブレーキをかけてもすぐに止まれるわけではありませんから、スピードの出し過ぎには注意が必要です。スピードを落とせないまま人と衝突した場合、大怪我を負わせてしまうような重大な事故に繋がる場合も少なくありません。中には死亡者の出るような事故になってしまうこともあり、高額な賠償請求などが問題になっています。また、自転車と歩行者の事故では、若年層は負傷で済んだとしても高齢者は亡くなってしまうケースが非常に多くなります。例え命に別状がなかった場合でも、大腿部頸部骨折などの重傷を負い、後遺症となってしまうことも増えているのが現状です。
自転車は車やバイクとは異なり、特に免許が必要なく、子供から高齢者まで誰でも気軽に乗れる点がメリットです。その一方で、誰でも乗れてしまうものの自転車は歴とした軽車両ですので、交通ルールを守って乗る必要があります。
自転車事故の原因は自転車側の交通ルール違反がきっかけになっていることが少なくありません。例として、スマートフォンの画面を見ながらのよそ見運転などがあります。こういった気をつければ未然に防ぐことができる事故が多いのです。
そして、ついやってしまいがちなのが、歩道を走ったり逆走してしまったりすることです。道路を斜め横断してしまうことも多いのではないでしょうか。このような、ちょっとした交通ルールの違反が重大事故の原因になってしまう可能性は決して低くありません。事故を起こさないという安全意識を高めていくことが大切です。
自転車による事故防止は、安全意識を持つだけでも大きく違ってきます。スピードを出し過ぎない、無理なすり抜けをしない、早めにライトをつけるなど、日々ちょっとしたことを意識して自転車に乗るようにしましょう。
どれだけ気を付けていても交通事故に遭遇する可能性はあります。自転車は便利なものですから気を付けて乗るようにして、もしもの時に備えて保険に加入しておくと安心です。
東小金井駅前整骨院では自転車による交通事故の治療も承っております。東小金井駅南口より徒歩2分と、お仕事やお買物帰りにも寄りやすい立地となっております。煩雑な保険手続に付きましてもご相談ください。お待ちいたしております。